今からでも間に合う!
制度導入助成金活用セミナー

Tech Fun 株式会社 7Fセミナールーム  
2018年1月16日(火)13時半~

※盛況のうちに無事終了しました
参加費
無料

人材育成制度の改善、社員の自己啓発やキャリアパスの実現のために助成金を活用してみませんか。

制度導入助成金についてご興味ある方は是非ご参加ください。

当セミナーでは、平成29年度に中小企業事業主が利用できる厚生労働省の人材育成に関する制度導入助成金をTech Fun 株式会社の顧問社労士事務所 坂本先生がわかりやすく説明します。

当社の実績もご紹介しますので、是非ご参加ください。

本セミナーはこんな方が対象です

    • 人材育成に助成金を活用したい人事総務担当の方
    • 人材育成のための制度の改善に助成金を活用したい経営者
    • 社員のキャリアパス実現のための仕組みを構築したい社内教育担当の方
    • 社員の自己啓発を支援する制度と助成金について勉強してみたい方

例えばこんな助成金があります・・・・

  • 社員の能力を適切に評価する仕組みを導入することで「 最大50万 」助成

  • 正社員にキャリアカウンセリングを受けさせて会社に「 最大50万 」助成

  • 社員が自発的にスキルアップするための制度を導入して「 最大50万 」助成

  • 社員の能力を適切に評価する仕組みを導入することで「 最大50万 」助成

Tech Funの助成金への取り組み

Tech Fun 株式会社では、2006年創業以来、ITスクール「Tech Fun.jp」を運営し、これまで多くのお客様に技術研修でご利用いただいてきました。
人材育成は、会社経営の中でも取り組むべき大変重要な課題ではありますが、限られた予算の中で、教育にコストをかけられない!、というお客様の声が多く聞こえてきています。

この人材育成の課題を、助成金をうまく活用することで、解決できないか。

Tech Fun.jp では、これまでも人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)をご活用して受講されているお客様がたくさんおりますが、実は、この人材開発支援助成金以外にも活用できる助成金はいろいろあります。
こういった助成金は、皆さんの会社が支払っている「雇用保険料」などが原資になっており、昨年度、本年度で1億円以上の助成金が認定されています。せっかく利用するのための費用を企業として負担しているのに、利用しない手はありません。

当セミナーでは、人材育成に係る制度を導入することで受給できる助成金にフォーカスし、人材育成のための制度の整備や社員の自己啓発のための支援を図っていくためのノウハウをご紹介できればと思います。

開催概要

名 称 今からでも間に合う!
制度導入助成金活用セミナー
日 時 2018年1月16日(火)13時半~15時半
場 所 Tech Fun 株式会社 本社7Fセミナールーム
http://techfun.jp/accessindex/

【交通手段】
都営大江戸線 新御徒町駅 A1出口 徒歩1分
TX 新御徒町駅 A1出口 徒歩1分
日比谷線 仲御徒町駅 3番出口 徒歩4分
JR各線 御徒町駅 北口 徒歩5分
銀座線 稲荷町駅 1番出口 徒歩6分
京成線 京成上野駅 正面口 徒歩10分
JR各線 上野駅 浅草口・広小路口 徒歩10分
主 催 Tech Fun 株式会社
参加費用 無料
定員 20名 
お問い合わせ school@techfun.jp
定員 20名 

タイムテーブル

13:30
制度導入助成金についてのご説明
人材育成に係る制度導入助成金について具体的な事例を用いて説明します。
14:30
Tech Fun の実績紹介
当社で今期取り組んでいる助成金、すでに獲得した助成金についてご紹介します。
15:00
ご質問タイム
助成金に関する色々なご質問にお答えします。
15:00
ご質問タイム
助成金に関する色々なご質問にお答えします。

講師紹介

坂本啓介
経営革新等認定支援機関(認定待)、人事・採用・教育コンサルタント

大学卒業後、人材系コンサルティング会社に就職し、従業員数10,000名を超える大企業から15名程度の中小企業までの採用に係るコンサルティングを歴任。
その後、2011年に自ら考えられる人材を育てたいという想いを元に一念発起し、粋なり株式会社を創設する。自社コンテンツ「神保町大学」「就職課」などを立ち上げ、就職支援分野では多くの大学生を社会に送り出し、内定率100%、3年以内離職率5%未満の実績を持つ。
2016年度からは人材育成分野でのフィールド拡大を目指し、粋なり株式会社代表取締役を退任。「ワタシが輝き、アナタが輝き、ミンナが輝く」をコンセプトに企業、個人の双方に向けたキャリア教育と人事労務制度を軸とした支援に取り組んでいる。
2017年度には中小企業大学校の認定支援機関過程を修了し、認定試験にも合格。2018年2月の認定に向けて申請中。人事部門に加えて融資、事業再生の側面でも支援を強化していく。